So-net無料ブログ作成
検索選択

くつ [日用品]

3月5日、6日で
姪っ子の通夜及び葬儀が行われました。
まだ17歳だったんですよ[もうやだ~(悲しい顔)]
本人も無念だったでしょうが
残された家族は・・・[バッド(下向き矢印)]
「これも彼女の運命だった」と
無理矢理割り切るしかないのでしょうかねぇ。

で、何でこのタイトルなのか?
[右斜め下]二日間頑張ってくれた私の靴さん
くつ1 3.7.JPG
この靴も今回の葬儀で天寿をまっとうしました。
[右斜め下]車の運転席に残った残骸
くつ2 3.7.JPG

通夜を無事に終え、
葬儀中もたぶん無事だったと思います。
火葬場に着いた時に左足に違和感を覚え
踵が破損してる事に気が付きました。
途中で靴を買いに行く事など出来ませんから
靴をかばいつつ変な歩き方してたんですよね。
葬儀場に戻って初七日法要を終え
会食中に床を見たら黒い破片が[がく~(落胆した顔)]
帰りの車の中でとうとう息絶えてしまいました。
靴さんの頑張りのおかげで
可愛い姪っ子の葬儀を無事に終える事が出来ました。
靴さん、ありがとうございました(合掌)